旅に出る
12 Inspirational Mile Runners
This month sees the anniversary of the current world mile record for both men and women. That got us thinking about this iconic middle distance event and some of the inspirational athletes who brought times down over the years.
続きを読む
Interview: Meet the Co-Founders

<イフリーロード>インタビュー

ランニング雑誌『Like the Wind』で<イフリーロード>が特集されました。共同設立者へのインタビューを読んで、<イフリーロード>について、もっと詳しく知ってみませんか。 ランニングウェアブランドの<イフリーロード>は、ロジャー・バニスター卿を始めとする、陸上競技のアマチュア・アスリートたちが成し遂げた偉業を称えることを使命として、ビルとクレア夫婦によって設立されました。 彼らが展開するコレクションの落ち着きのあるカラーパレットとシンプルなシルエットは、テクノロジーがランニングを支配する前の、古き良き時代を物語っています。 <イフリーロード>は、そのマニフェストが語る通り、「慌ただしい日常から脱出するため、何かを探すため、考えるため」、ゴールよりも、走る過程を大事にしたいと思うランナーに向けてのブランドです。今回は、共同設立者自身から、ブランド設立に至る背景などについて語ってもらいました。 LtW: <イフリーロード>はどこを拠点としていますか? Iffley Road: 英国のサリー州、リッチモンドです。 LtW: ブランドの歴史について教えて下さい。 IR:私達は、2013年の5月に<イフリーロード>を設立しました。イギリス人陸上選手のロジャー・バニスターが、世界で初めて1マイルを4分以下で完走する記録を打ち立てた、オックスフォード大学のランニングトラック名から名付けています。この事業を始めるまでは、ビルはブリティッシュ・エアウェイズ、クレアはモルガン・スタンレーで勤務していました。最初は私達とデザイナー、そしてポルトガルにある専門工場だけでスタートしたんですよ。 LtW: あなた達にとって、ランニングは人生の中でどのような役割を果たしてきましたか? IR:私達は、20代の頃にランニングを通じて知り合いました。サーペンタインとブリティッシュ・エアウェイズ・ランニング・クラブのメンバーだった共通の友人が、ビルがスポーティな赤毛の女の子が好きだと明かしたことをきっかけに、ブラインドデートをアレンジしてくれたんです!その後、3人の子供ができ、コッカースパニエルも家族に迎えましたが、常にランニングは私たちの生活の中で欠かせないものでした。 LtW:ランニングウェアブランドを作ろうと思ったきっかけは何ですか? IR: 私達は二人共、ミニマルなデザインで落ち着いたクラシックな色の服が好きなんですが、自分達が着たいと思うようなランニングウェアがないと純粋に感じていたからです。 LtW:ブランド設立する上で一番苦労したことは何ですか? IR:最大のハードルは、費用対効果の高い方法で名前を広めることでした。<イフリーロード>は多額のマーケティング予算をかけずに、自己資金で事業を展開しています。 LtW:これまでで一番成功したと思うことは何ですか? IR:一番の成功は、お客様からいただいた満足度と熱意だと考えています(サービスと商品に対するFeefoの評価がそれを示しています)。また、ランニングに出かけて、<イフリーロード>のウェアを着ている人を見ると、本当にうれしいですね。 LtW: あなた達が尊敬する人と、その理由を教えてください。 IR:サイクリングウェアをスタイリッシュに変えたRapha(ラファ)、スイムショーツを革新したOrlebar Brown(オールバー・ブラウン)、英国らしいひねりが魅力のPaul Smith(ポール・スミス)、表現の方法そのものが魅力的なPrada(プラダ)です。 LtW:<イフリーロード>について知って欲しいことは何ですか?...
続きを読む
The Greatest Barefoot Runners of all Time

The Greatest Barefoot Runners of all Time

These days “barefoot running” has become synonymous with wearing minimalist shoes. However this was not always the case.  There are a handful of elite runners who made it to the...
続きを読む
A Brief History of the Hoodie

A Brief History of the Hoodie

Few style evolutions have been as remarkable as that of the hooded sweatshirt. From its origins in Medieval Europe to its powerful presence in today’s fashion world, the hoodie has...
続きを読む
The History of the Polo Shirt

The History of the Polo Shirt

Did you know that the first ever polo shirt was designed for tennis not polo?  The first ever polo shirt was actually designed for tennis by René Lacoste. Finding “tennis...
続きを読む
The History of the Running Vest

The History of the Running Vest

With the weather warming up gradually, most of us will have already started to trade in our leggings and long sleeve thermals for t-shirts, shorts and, one of our favourites, the...
続きを読む
Make a Date with Your Diary

Make a Date with Your Diary

This week, we hear from Dr Matt Long, editorial contributor to Athletics Weekly magazine who gives his thoughts on the benefits of keeping a handwritten training log. In this very Journal on...
続きを読む
A Short History of Running Kit

ランニングウェアの歴史

最近のランニングレースを見ていると、ランニングウェアのバリエーションの豊かさに驚かされます。 ロンドンのような大都会で開催されるマラソン大会のスタート地点では、色とりどりのランニングベストやチャリティTシャツ、ライクラレギンスなどのコンプレッションウェアを着用している人で溢れ、大会に色鮮やかな印象を与えています。 私達が、ランニングウェアが時代と共にどのように進化してきたのかを考えるようになったのは、この(大会スタート前の)光景がきっかけです。このテーマについての研究があまりないので、昔のオリンピックランナーたちの画像から、歴史を振り返ってみました。 まずは、1896年の第1回現代オリンピックに遡り、ギリシャ人のマラソン勝者スピリドン・ルイスが何を着ていたかを見てみましょう。 白いチュニックと長いズボンです。 とても着づらそうに見えますよね。もし、もっと軽いものを着ていたら(そしてゴールの10キロ前でワイン休憩をしなかったら)、2時間58分50秒よりももっと速く走れていたと思います。 1896年のオリンピック、マラソンの勝者スピリドン・ルイス 20世紀初頭、ランニングウェアの基本は白のTシャツとショートパンツだった 20世紀に入ると、ランナーの服装に著しい変化が見られます。 長袖や長ズボンはなくなり、その代わりにTシャツやショートパンツが見られるようになりました。 1912年にストックホルムで開催されたオリンピック、1500メートル決勝の写真を見ると、大多数のランナーが白のTシャツと膝丈のショートパンツを着ているのがわかります。白いTシャツの中には、グランダッドカラー(襟)がついているものもありますし、国旗が縫い付けてあったり、ショートパンツのウエスト部分にバンドが付いているものもあります。今日ではエリートランナーがトップスに名前をプリントしているのとは対照的に、当時のランナーは胸に付けられた番号で識別されていました。 1920年代、ダークカラーとタンクトップが登場 1920年代初頭までに、ランニングウェアはより多様化しました。 濃い色のショートパンツとタンクトップや、白いストライプが縁取りしてあるランニングTシャツとショートパンツなど、少しずつ柄入りのウェアを着用するランナーが増えました。それでもまだ、白のショートパンツと国旗の付いたTシャツがランニングウェアの主流だったと言えるでしょう。 ストライプ柄のウェアは、ラグビーなどのスポーツでも長年使用されてきましたが、実際にランナーがストライプ柄を着用し始めたのは、1950年代に入ってからのようです。 ロジャー・バニスター卿がイフリーロードで1マイル4分を切る記録を出した時は、アマチュア・アスレチックス・クラブ(AAA)の3色カラーを配したストライプ入りのウェアを着用していました。 それ以来、ランナーのTシャツやタンクトップには、所属するランニングクラブや大学を表すストライプ柄がよく見られるようになりました。 クロスカントリーのランニング部門などで、斜めのストライプやチェッカーボード柄のウェアを目にすることがあります。 このような印象的な柄をランナーに着せることで、遠くからでもランナー、または所属しているランニングクラブを識別することができるようになりました。 1950年代から、スリムフィット&ロゴ入りが増える 1950年代から現在に至るまで、ランニングウェアはより細身でロゴ入りのものが多くなってきました。 その結果、1980年代にセバスチャン・コー、スティーブ・オベット、スティーブ・クラムが着用していた、袖ぐりの大きなやタンクトップやショートパンツが誕生しました。幸いなことに、今日のランニングショーツはこれほど短くありません。 一番印象に残っているランニングウェア 受賞歴のある女性ランナーの中で、最も目を引くランニングウェアを着用していたのは、 1980年代に活躍したフローレンス・グリフィス・ジョイナーでしょう。ジョイナー選手は、その驚異的なスピードとボディスーツ(時には片足だけ)、そして長いネイルで知られていました。 最近では、2000年シドニーオリンピックの400メートル決勝で優勝したキャシー・フリーマンがフード付きのボディスーツを着用していましたが、これは風の抵抗を避けるのに役立ったようです。 クラシックな英国スタイルを最新のファブリックで <イフリーロード>は、最先端のハイテックファブリックを使用しつつ、ランニングウェアのクラシックなスタイルを表現することを目指しています。 全てのタンクトップ(及びランニングTシャツ)に使用されている素材は、<イフリーロード>の為に特別に作られたオリジナル素材です。 この素材は、<イフリーロード>のシグネチャーであるドライリリース®ピケ製法を使用しており、吸水性に優れ、軽量でソフト。...
続きを読む
6 Great British Milers

6 Great British Milers

We launched Iffley Road on 6 May 2013, the anniversary of first sub 4- minute mile at the Iffley Road track in Oxford.  To celebrate our anniversary, this week’s blog...
続きを読む
26 Fun Facts About Marathons

26 Fun Facts About Marathons

We bring you 26 facts about the Marathon. From horses to outer space, we've got a fun fact for every mile of this classic race distance. 
続きを読む
Icons

Icons

On the anniversary of the 4 minute mile and our own second anniversary we wanted to celebrate some of Britain’s most iconic runners in a new and unusual way...

続きを読む
Language
English
Open drop down