旅に出る

ファブリック

スポーツウェア作りにおいて、適切な生地選びは大変重要です。 <イフリーロード>は常に、耐久性と快適さを追求した高品質のパフォーマンス素材を使用しています。 例えば、独特のピケ織りで仕上げられたTシャツとタンクトップは、<イフリーロード>オリジナルのエコ・ドライリリース®マイクロブレンド繊維で作られています。この繊維は、汗を自然に発散させ、コットンの4倍の速さで乾くよう、オーガニックコットンと100%リサイクルポリエステルをブレンドし、開発されました。 同様に、ベースレイヤーとビーニーには、世界で唯一EMAS(エコ・マネジメント・システム)環境認証を取得しているウール紡績工場で生産された、100%イタリア産の高級メリノ素材を使用しています Test 4 ジャケットとジレには、最先端のイタリア製3層ソフトシェル繊維から作られた、軽量ハイテック生地を使用しています。 この生地には、主なウルトラ/マウンテンレースウェアにおいて標準とされる防水加工機能の2倍を満たす優れた防水性、防風性、通気性を実現する新素材Event®メンブレンが採用されています。

卓越した技術

ポルトガルでは、革新の世界的リーダーであると認められている1人のプロデューサーであるPetratexを使用しています。

彼らは、オリンピックの最後の3つの版で使用された、さまざまな国のほとんどのエリートアスリート用の水着を開発しました。 2008年、PetratexとSpeedoのコラボレーションにより、世界記録を破り、かつてないほど世界中で金メダルを獲得する「LZR Racer」生地が生産されました。

ミニマリストでありながらパフォーマンスを念頭に置いて設計された、クラシックで高品質のスポーツウェアを作りたかったのです。

クリーンなデザイン

<イフリーロード>が考える優れたデザインとは、不必要なディテールを持たない、機能的でシンプルなデザインです。1950年代にロジャー・バニスターが1マイル4分を破った際に着用していた「クリーンで無駄のない」デザインのランニングウェア。時代を超越したウェアの魅力が<イフリーロード>の原点です。 <イフリーロード>のデザイン工程は、色使いを抑えた、シンプルでフィット感のあるシルエット作りから始まります。 トップスの縫い目の内に備えられた小さなポケットや、ジャケットの脇の下にあるレーザーカットの通気孔など、ランニングに役立つ数々の機能が搭載されています。 仕上げはさりげないレトロなデザインディテールです。 例えば、3色使いのストライプのリボンは、1950年代のオリジナルのアマチュア・アスレチックス・アソシエーション(AAA)のロゴカラーに敬意を表しています。 また、イフリーロードのラウンドロゴは、同時期のAAAバッジからインスピレーションを得ています。Test 5

優れた設計は、冗長な機能や詳細なしに、機能を削減して機能させる必要があります。